代表挨拶

masatomasuda

私は両親ともに教育者と教育家庭のもと育ち、いつの間にか「真面目にならなければいけない。」と自分の思いを押し殺すようになりました。

しかし、思春期を迎え、徐々に道を外すようになり、高校も諸事情により中退。なんとか通信高校に通い大学に受かりましたが、思い描いていた大学生活とのギャップからまた学校に行かなくなり、悶々とした日々を過ごしていました。

このままではいけないと一念発起し、オーストラリアに留学。
待ち受けていたのは、街のルール、言葉、人々、その全てが今までとは全く違う世界。

そのオーストラリア人の女性から、ある日突然「Just be yourself.(あなたらしく生きたら?)」と言われました。

”自分らしく”。すごく簡単な言葉なのに、当時の私にとってはとても重みのある一言でした。
そう言われたその日から、今まで「真面目にならなければならない。」と考えていた事がとてもちっぽけな世界だった事に気付き、またその日を境に自分の心の声と対話し、より自分を表現できるようになりました。

日本はとても真面目で素晴らしい国だと思います。
ただその裏側で、今まで日本が作ってきた社会環境、様々な家庭環境から苦しんでいる人もいます。

僕が経験してきたように、「人生を変えたい。やり直したい。でもどうしていいかわからない。」といった人達に外国人という全く”異なる価値観”を持った人たちとの心からのつながりを創ることによって、”人生が変わるきっかけ“を一つでも多く創出していきたい。

私自身、「中途半端な人間でも成功できる」というロールモデルになりたい。
そんな思いで学生時代より起業いたしました。

 

-Company-