fbpx

【2017年12月】知らなきゃ損!? 韓国のインバウンドの現状

インバウンドとは?

最近インバウンドとよく聞くけど、いまいちよくわからないという方もいらっしゃいますよね。
ということで、まずはじめに、インバウンドに関する基礎的な情報をみなさんと共有しようと思います。

言葉の定義”インバウンド”

元々は「外から中に入り込む」と言う意味がある「インバウンド」。近年では、外国人旅行者が日本に多く訪れていることから、「インバウンド=外国人旅行者が自国へ訪れること」を指すことが多くなってきました。

反対にアウトバウンドとは、「中から外へ」。旅行の場合、日本人旅行客が外国に訪れることと理解して頂ければ良いかと思います。

訪日外国人観光客数 状況

日本政府観光局(JNTO)の推計によると、2016年の1年間に日本を訪れた外国人客は過去最高の2,403万人を記録しました。

政府が2020年までに掲げた訪日観光客数年間2000万人の目標をすでに達成できたことから、2016年3月に官邸で開いた「観光ビジョン構想会議」において、訪日観光客数を2020年に4000万人、訪日客の消費額を8兆円まで引き上げる新たな目標を発表しています。

また訪日外国人のうち韓国、台湾、香港、中国の4カ国が80%近くを占めており、これからもアジア系の外国人を中心に、リピーター観光客の増加が予想されます。

引用元:JNTO 日本政府観光局

訪日韓国人の状況

訪日韓国人数

 

今回の記事には掲載しておりませんが、アジア圏のリピーター訪日者は2人に1人が東京、大阪などの都市でなく、福岡などの地方に訪れているというデータもあります。

前年同月比(10月)38.1%増の620,900人で、10月として過去最高を記録しています。今年は秋夕(旧盆正月)が過去最長の10日間の大型連休となったことによる旅行需要の高まりや、休暇に合わせてたチャーター便の就航に加えて、SNSを利用した情報発信、大型連休に向けて展開した旅行会社の販売促進などの訪日プロモーションの効果が後押しとなり、訪日数者は好調に推移しました。

もっとも多く日本を訪れているアジア系の訪日外国人。この記事ではまず訪日韓国人にフォーカスを当てていきましょう。

日本政府観光局(JNTO)調査によると、訪日韓国人の観光客数は毎年増加しています。また韓国人は、7、8月、年末年始に増加する傾向があるようで、これは夏休みは冬休みが関係するようです。

なおリピーター韓国人も年々増えており、韓国人によるインバウンド市場は年々熱を帯び続けていると言えます。

訪日韓国人の滞在日数

増加する韓国人客数に反比例して、韓国人の滞在日数は年々減少傾向にあります。訪日外国人全体の平均滞在日数が、5.3日であるのに対し、韓国人はその約半分の2.9日となっています。その最たる理由は距離がとても近いため、日帰り旅行が増えたことがあるのではないでしょうか。

訪日韓国人の支出額

支出額は、来訪回数が増えるに比例して増加しています。1回目には62,581円。2回目は63,076円。ここではまだ大差ありませんが、10回以上訪れた人は76,893円と14,312円も上昇しています。

訪日韓国人の傾向としてよく問題視される客単価が低いという点も訪日回数が増えるにつれて解消されるでしょう。

訪日韓国人の観光目的

 

訪日韓国人の観光目的ですが、旅行前は「日本食を食べること」に72.2%「ショッピング」に51.6%と高い関心が伺え、旅行中は「日本食」に97.7%「ショッピング」には86.2%と期待していると、高い関心を示しています(数値は全て複数回答の結果)。

しかし旅行後に聞いた次回の訪日旅行でやりたいこととしては、「日本食を食べること」は51.7%と少し下がり、それに対して「温泉宿泊」に興味があると答えたものが51.6%と増加しています。

 

訪日韓国人の情報源

スマートフォン保持率85%で世界2位を誇る韓国。その韓国人の観光情報の情報源は、旅行会社・航空会社のホームページではなく、SNSや個人ブログを参考に計画を立てている人が71.8%と大多数を占めていることがわかります。

訪日韓国人の旅行支出

韓国人の旅行支出の中で、買い物代は一人当たり約20,743円と全体の内訳の中でも高い割合を誇り、その中でも電化製品と衣服にかける支出額が高いことがわかります。

次に目立つものは飲食費で約17,308円とこれもまた高い割合を誇っています。逆に娯楽・サービスに関しては、8,088円とあまり高くないことがわかりますね。これらのことから韓国人は買い物と食べることへの関心を強く持ち、日本に訪れていることが言えると思います。

 

訪日韓国人の決済方法

決済方法としては現金とクレジットカードでの支払いが大多数を占めています。

また韓国人は国内でデビットカード(韓国ではチェックカードという)のみを使用しているため、訪日した際、現金を換金することに対して、不便に感じているという情報もあります。インバウンド市場の盛り上がりは、日本にとっても現金社会から脱却するチャンスになりうるかもしれませんね。

 

まとめ

 

ここまでインバウンドの基礎から、訪日における韓国人の現状をまとめてまいりました。韓国人は他の外国人と比べ、客単価は低い傾向にありますが、隣接ということもあり、数はかなりのものを占めていることがわかりました。

今後も増加傾向が見られる訪日韓国人の状況は目が離せません。

 

データ引用元

https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/jnto_databook_2017.pdf

 

インバウンド情報に関して、ご相談されたい方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事

  1. 徹底解明!なぜ中国人から日本の医薬品は人気なのか?重要な4つのポイント…

  2. 「福岡 グルメ」 日本と韓国検索エンジン(Naver)で調べてみた

  3. 「福岡 観光地」日本と韓国の検索エンジン(NAVER)で調べてみた

  4. 門外不出マル秘情報!◯◯の殿堂DKの売上ランキングからわかる国別人気商…

  5. 【2017年12月】知らなきゃ損!? 中国のインバウンドの現状

  6. 「福岡 観光地」日本と中国の検索エンジン(百度)で調べてみた

  7. 80%以上がインフルエンサーの情報から!?韓国人インフルエンサーの影響…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。